2017年02月17日

【措置法37条の9の5】と【措置法35条の2】の併用

平成21年〜22年に土地を取得した際の特例として

【措置法37条の9の5】

【措置法35条の2】

というものがありました。

私は平成21年と22年に土地を取得していたため、
2年前に所有物件を売却した際に、
【措置法37条の9の5】を利用して
課税の繰り延べを行いました。

そして今年、平成22年に取得した土地を売却するのですが、
【措置法37条の9の5】を利用済みなので
【措置法35条の2】の1,000万円の特別控除は
使えないものと思っていました。

ですが本日、友達との会話の中で、
ひょっとしたら両方使えるんじゃないかという話になり、
税務署に確認してみたところ、
「同一年度でなければ、両方使えます」
との回答を頂きました。

以前、ネットで調べた知識で、
併用できないと思っていたので驚きました。

これで売却益を1,000万円圧縮できます!
利用できないと思っていたのでラッキーです^^

※税務署の担当者が間違えている可能性もあるので、
 確定申告の際にはご自身でご確認ください。
posted by ミット at 00:01| Comment(3) | 不動産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

1月の稼働率

1月の稼働率です。
今月は退去0件です。

              1月    稼働率
東区役所RC   11戸  11    100%

琴似RC     20戸  20    100%
福住RC     16戸  15    93.8%
ひばりRC    18戸  17.5  97.2%
桑園RC     16戸  16    100%
二十四軒木造   10戸  9     90%
発寒RC     12戸  11    91.6%
新道東鉄骨    13戸  13    100%
福住木造      8戸   7    87.5%
円山RC     12戸  12    100%

東区役所RCは満室。

琴似RCは満室。

福住RCは11月中旬から1部屋空室。
2月末で1部屋、3月末でも1部屋空き予定です。

ひばりRCは1月中旬から満室。

桑園RCは満室。

二十四軒木造は10月末から1部屋空室。

発寒RCは12月末で1部屋退去しましたが、
1月末で満室。
2月末にも1部屋退去予定。

新道東鉄骨は満室。

福住木造は1部屋空室。

円山RCは満室。

1月の稼働率は 131.5/136=96.7%
2017年の年間稼働率は 131.5/136=96.7%

大通の新築は39/45部屋です。
元金据え置き期間が1月で終わりなので、
2月から稼働率へ加えます。

3月完成の新築は4/23部屋です。
posted by ミット at 08:39| Comment(0) | 不動産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

妬み嫉み

私は他人がどうであろうと
それほど気にならないですし、
他人にどう思われようと
それほど気になりません。

家族や親しい友人が
ちゃんと私のことを理解してくれていれば良いと思っています。

他人のご機嫌を取るということをほとんどしないため、
サラリーマン時代は
先輩や上司から生意気だと言われることが多かったです。

基本的には自己中なんだと思います(笑)

好きな人は好きですし、
嫌いな人は嫌いです。

嫌いな人を好いているかのように振舞うことも苦手です。

そのため、
妬み嫉みとは無縁の生活を送っていたのですが、
最近、あることないことを言って、
私を陥れようとしている人の話を聞きました。

直接、私を陥れようとしているというよりは
間接的に陥れようとしている感じです。

ケチだとか(合ってますけど笑)、
家族をないがしろにして遊びまくってるとか、
近々破たんするとか、
他にもありますが書けません。

ヒマの人もいるものですね。
他人を陥れる時間があるなら、
自分を高める努力をすればよいと思うのですが・・・
posted by ミット at 21:13| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする