2008年02月13日

確定申告準備完了

つい先ほど、不動産を取得してから初めての確定申告の準備が終わった。
記帳指導の税理士さんも来てくれたのだが、ほとんど一人で作成済みだったので、内容を確認してもらうだけだった。

昨年度の不動産収入は約560万円だが、修繕費などの経費と減価償却費を引いた所得は−418万円と大幅な赤字だ。

これによって、約41万円還付される。
臨時ボーナスだ(笑)

主な経費は
・大規模修繕を含む修繕費の合計が184万円
・建物と自家用車の事業使用分(60%)を合わせた減価償却費が292万円
・固定資産税、登録免許税、不動産取得税、自動車税(事業使用分60%)などの租税公課が130万円
・借入金利子が71万円(このうち土地分の利子26万円は、不動産所得が赤字のため経費に算入できない)
など。

実際に手元から現金が減るわけではない減価償却費を差し引いても、126万円の赤字なので、昨年は修繕費が大きかったと思う。

手元の現金が増えないわけだ。

今年度は新たに物件を取得しなかった場合、修繕費が約50万円(屋上防水実施予定)、減価償却費が約223万円(車両運搬具は定率法で償却しているため償却額が減る)、租税公課が約30万円(固定資産税&自動車税)になると予想される。

経費が大幅に減るので、現金収支では間違いなくプラスになるだろう。
更なる物件取得へ向け、貯金に励むことにする。
posted by ミット at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 経理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック