2020年06月01日

コロナによる賃料減免の要望書

コロナの影響で経営が厳しいので、
賃料を減免してほしいとの要望書が届きました。

届いたのは全国展開している大手2社からです。

全国展開している大手から、
私一人で経営している零細企業へ...

個人経営者から来た際には検討しようと考えておりましたが、
大手企業なのでもちろん断りました(笑)

多分、減免してもらえたらラッキー程度で
送ってきているのではと考えています。

再度、要望書が届いた際には

・持続化給付金やコロナ関連融資を利用しているのか確認

・6月から支給される予定の特別家賃支援給付金を申請予定か確認

・その他、経費削減の企業努力をしているのか確認

・どの程度売上が落ちていて、
 実際に経営が厳しいのか試算表などを開示して頂く

などの対応をしたのち、
減免ではなく据え置きの対応を取ろうと考えています。

据え置きした家賃については、
1年後位を目途に家賃に上乗せして
分割で支払って頂く等の対応を取るつもりです。

大手企業が事前相談もなしに
紙切れ一枚で家賃を減免してくれというのはどうなんでしょうね。
posted by ミット at 20:44| Comment(0) | 不動産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。