2020年02月12日

高額特定資産の取得に係る課税事業者である旨の届出書

平成29年に個人所有の物件を売却したため、
昨年は個人事業も課税事業者でした。

課税売上額が1,000万円以下なので、
今年から非課税に戻るために
「消費税の納税義務者でなくなった旨の届出書」を提出し、
準備万端だったのですが・・・

提出後に個人名義で物件を購入してしまったために、
課税仕入額が1,000万円を超えてしまい、
3年間は課税事業者のままになるそうです。

先ほど、税理士さんに教えてもらいました。

この場合、
「高額特定資産の取得に係る課税事業者である旨の届出書」
という書類も提出しないとダメなようです。

今年からは個人名義でホテル(1室だけ笑)も計画しているため、
課税売上が1,000万円を超える見込みなので、
今後は課税事業者のままになりそうです。

個人は全て自分で確定申告しているので面倒ですね^^;
※昨年は消費税8%と10%が混在していたので
 超大変でした・・・
posted by ミット at 10:34| Comment(0) | 不動産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。