2019年12月29日

2019年物件ごとの年間稼働率

2019年の物件ごとの年間稼働率をまとめました。

        1〜12月       稼働率   
琴似RC    226/240     94.2% 
福住RC    164.5/192   85.7%
ひばりRC   205/216     94.9%
桑園RC    177.5/192   92.4%
二十四軒木造  114/120     95.0%
発寒RC    133.5/144   92.7%
新道東鉄骨   156/156     100%
福住木造    92.5/96     96.4%
円山RC    126/144     87.5%
白石戸建て   12/12       100%
大通RC    543.5/564   96.4%
月寒木造    24/24       100%
裏参道RC   261.5/276   94.7%
西岡RC    281.5/300   93.8%
月寒西RC   143.5/144   99.7%
本郷通テナント 7/14        50%
月寒中7RC  16/18       88.9%

全物件     2685/2852   94.1%


稼働率 ベスト3        昨年度 同時期ベスト3
1.新道東鉄骨  100%   1.裏参道RC  99.1%
2.月寒西RC  99.7%  2.円山RC   97.9%
3.大通RC   96.4%  3.二十四軒木造 97.5%
  福住木造   96.4%

稼働率 ワースト3       昨年度 同時期ワースト3
1.福住RC   85.7%  1.福住木造   83.3%
2.円山RC   87.5%  2.ひばりRC  93.8%
3.桑園RC   92.4%  3.琴似RC   94.4%

※戸数の少ない物件&新築を除く

新道東鉄骨は今年の退去数が0でした。
築年数が古く、家賃も安くなっている上、立地も良いので、
退去数が少ない傾向にあります。

今年の2月に完成した月寒西RCは退去が1件ありましたが、
半月で埋まりました。

大通RCは戸数が多いので、入退去はそれなりにありますが、
戸数が多い分、稼働率の変動は少なめです。

昨年ワースト1位の福住木造は今年は同率ベスト3です。
戸数の少ない物件は1部屋のインパクトがデカイので、
入居率の変動が激しいです。

ワースト1は福住RC。
一昨年は退去数が多くて82.0%、昨年は改善して95.1%。
今年は退去が多かった上に全然決まりません。
弊社の所有物件の中では地下鉄駅から遠い部類に入るので、
決まるのに時間がかかる傾向にあります。
12月にWiFi設備を導入しました。

円山RCが1階の空室が長期化して稼働率が悪化しました。
一昨年、昨年はベスト2でした。

桑園RCもいつもは上位にいるのですが、
今年は退去が多かった上に1階の空室が埋まりませんでした。

今年は空室が長期化する傾向にありました。

新築した物件が築8年程度になり、
競争力が低下してきたのだと思います。

新築時から家賃の値下げを行っていないため、
内装の差別化の他、家賃の値下げも含めた対策を行って、
繁忙期には埋めてしまいたいです。
posted by ミット at 09:00| Comment(0) | 稼働率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。