2017年01月11日

消費税課税事業者届出書

平成28年の確定申告(個人分)の準備をしていました。

平成26年に個人所有の物件を2棟売却したので、
平成28年は課税事業者だと把握していたのですが、
「消費税課税事業者届出書」の提出が必要だと知りませんでした(笑)

国税庁のHPで調べたところ
「提出すべき事由が生じた場合に、速やかに提出すること」
となっています。

本来ならば、
平成26年の確定申告提出時のタイミングが良かったのだと思います。

そして、平成29年は免税事業者に戻ります。

その場合は
「消費税の納税義務者でなくなった旨の届出書」
の提出が必要でした。

これも本来ならば、
平成27年の確定申告提出時に提出するべきでした。

両方提出し忘れていたので税務署へ問い合わせたところ、
「なるべく早く両方の書類を提出してください」
とのことでしたので慌てて提出してきました。

不動産価格の高騰で所有物件を売却した方も多いと思いますが、
建物(土地を除く)の売却額が1,000万円を超えている方は、
書類提出を忘れないように(笑)
posted by ミット at 11:49| Comment(2) | 不動産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

あ〜忘れていました・・・

というより知りませんでした〜

出さなきゃ〜(笑)
Posted by 大家クリスタルK at 2017年01月11日 12:35
大家クリスタルKさん

でしょ〜?
知らないですよね。

勝手に課税事業者になると思ってたもん(笑)
Posted by ミット at 2017年01月11日 12:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。