2019年12月08日

ホテル業の消防設備

続いて、消防設備についてです。

・建物全体に自動消防設備が必要

 ケーブルで繋がっていて、
 どこかで感知したら建物全体で警報が鳴る設備です。
 今回の建物は要件を満たしていたので、追加工事なしです。

・建物全体に誘導灯が必要

 ホテル事業を行う部分だけではなく、
 建物全体に必要になります。

 今回は、
 ホテル部分3ヶ所(玄関前のホール、リビング、2階階段上)
 賃貸部分3ヶ所(玄関上、2階階段上、3階階段上)
 の合計6か所に追加する必要があります。

・各階に消火器が必要

 要件を満たしてました。

・避難経路図と懐中電灯

 出来れば各部屋にとのことでしたが、
 各階に1つあれば良いみたいです。
 なので、今回は2つ。

・カーテンやカーペットなどの布製品は全て防炎のものを設置

 カーテンを設置しない窓とかには必要ありません。
 布製品を使う場合は防炎のものにする必要があります。

・入居者と宿泊者、従業員などを含めて30名を超える場合は
 防火管理者が必要

 今回は入居者8名、宿泊者14名、
 無人ホテルで従業員0名なので、防火管理者は必要なし。

消防に関しては以上でした。
保健所ほど大変ではなかったです。

誘導灯は自分でも設置出来ますが、たぶん外注します。
避難経路図は自分で作成予定です。

この他、非常灯の設置が必要かどうか、
市役所の建築指導部に相談する必要があるとのことでしたので、
電話したのですが、
設置要件についての文書を棒読みするだけでした(笑)

図面を持っていって相談しても、
どこに設置したら良いかなどは教えてもらえないようです。

何度聞いても、建築士に相談してくれと言われ、
これ以上話しても無駄だなと思い、電話を切りました。

保健所や消防の対応は親切で良かったのですが、
建築指導部はお役所仕事ですね・・・
posted by ミット at 10:00| Comment(0) | ホテル経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする