2017年01月22日

事業継承

先日、友人達と子供への事業継承について話し合いました。

友人達は子供へ会社を継ぐつもりのようですが、
私は継ぎたいと言ってこない限りは
継がせないつもりです。

子供へ会社を継がせる条件は

・自分で継ぎたいと言ってくること。

・1,000万円程度を貸し付けるので、
 自分で不動産賃貸業の結果を出し、
 10年後に2,000万円で返すこと。

上記の条件を満たせば、
何年か一緒に仕事をしてから引き継いでも良いと考えています。

そうでなければ、
会社を売却して、
お金はどこかへ寄付しようと思っています。

なぜかというと、
お金の知識のないものがお金を持つと
不幸になると考えているからです。

大した苦労もせず引き継いだ会社から、
毎月何百万とお金が入ってきたら、
真面目に仕事をするでしょうか?

私の場合は娘です。

妻が何億という資産を相続しても、
それを当てにせず、
真面目に働く夫がどれほどいるでしょうか?

妻の資産を当てにして
会社を辞めるような夫が、
引き継いだ会社の経営を出来るでしょうか?

私の会社を引き継ぐことによって、
家庭が崩壊したり、
破産したりするくらいなら、
引き継がせない方が良いと考えています。

娘はまだ6歳ですが、
「自分からやりたいと言わない限りは会社を引き継ぐつもりはない」
と伝えてあります。

「私が稼いだお金はあげない」とも(笑)

ただ、お金の教育だけはするつもりです。

私は普段から、
おもちゃやお菓子などを
理由なく買い与えることはしていません。

一瞬で消費してしまうものは
お小遣いで買うように教育してます。

先日、何か月もかけて貯めたお小遣いで
ガチャガチャをして喜んでいたのですが、
数日後、
「お金って貯めるの大変だけど、使うとすぐになくなるよね。」
「お父さんが無駄遣いするなって言ってる意味がわかった」
と言ってました(笑)

まずは無駄遣いをしないこと。

大きくなるにつれて、
お金の稼ぎ方や良い借金、悪い借金などを
徐々に教えていこうと思っています。

中学、高校辺りからはマインドの話かな。
まだまだ先ですが(笑)
posted by ミット at 20:36| Comment(2) | 不動産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする