2017年02月22日

不動産賃貸業を始めたい

最近の不動産ブームで
不動産賃貸業を始めたいと考えている方も多いと思います。

セミナーに参加したり、
コンサルを受けたり、
ミーティングに出たりなど
勉強の方法は様々ですが、
人に会って話を聞き、
その内容を理解して自分に生かすためには、
まずは本を読むなどして
充分に知識をインプットする必要があります。

自分の中で
「不動産賃貸業とはこういうものだ」とか
「このような投資手法で始めてみよう」とか
仮説を立てられるくらい、
しっかりと勉強しましょう。

私が不動産賃貸業を始めた10年前は、
不動産賃貸業に関する本はほとんどありませんでしたが、
今は何百冊もあります。

最低でも100冊程度読んでから、
先輩大家さんの話を聞いた方が良いと思います。

他にはマインド系の本でしょうか。

思考は現実化する
人を動かす
ユダヤ人大富豪の教え
バビロンの大富豪

など。

それなりの規模で経営している大家さんは
マインド面もしっかりしています。

マイナス思考の言い訳ばかりの精神状態では
規模を拡大することはできません。

他には、税務の知識も必須ですが、
不動産賃貸業を始めてから学んだ方が、
より知識が深まると思います。

自分にあまり知識がない中で先輩大家さんの話を聞いても、
本当の意味で理解できることはあまりありません。

自分の時間は勿論、
先輩大家さんの時間も無駄に過ごさせることになってしまいます。

まずは間違えていても良いから
自分の中でしっかりとした仮説を立てる。

それから先輩大家さんの話を聞いて仮説について検証し、
間違えているようであれば軌道修正していきましょう。

不動産賃貸業を始めたいと考えている方は、
まずは本をたくさん読むことをお勧めします!
posted by ミット at 12:45| Comment(0) | 不動産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

【措置法37条の9の5】と【措置法35条の2】の併用

平成21年〜22年に土地を取得した際の特例として

【措置法37条の9の5】

【措置法35条の2】

というものがありました。

私は平成21年と22年に土地を取得していたため、
2年前に所有物件を売却した際に、
【措置法37条の9の5】を利用して
課税の繰り延べを行いました。

そして今年、平成22年に取得した土地を売却するのですが、
【措置法37条の9の5】を利用済みなので
【措置法35条の2】の1,000万円の特別控除は
使えないものと思っていました。

ですが本日、友達との会話の中で、
ひょっとしたら両方使えるんじゃないかという話になり、
税務署に確認してみたところ、
「同一年度でなければ、両方使えます」
との回答を頂きました。

以前、ネットで調べた知識で、
併用できないと思っていたので驚きました。

これで売却益を1,000万円圧縮できます!
利用できないと思っていたのでラッキーです^^

※税務署の担当者が間違えている可能性もあるので、
 確定申告の際にはご自身でご確認ください。
posted by ミット at 00:01| Comment(3) | 不動産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

1月の稼働率

1月の稼働率です。
今月は退去0件です。

              1月    稼働率
東区役所RC   11戸  11    100%

琴似RC     20戸  20    100%
福住RC     16戸  15    93.8%
ひばりRC    18戸  17.5  97.2%
桑園RC     16戸  16    100%
二十四軒木造   10戸  9     90%
発寒RC     12戸  11    91.6%
新道東鉄骨    13戸  13    100%
福住木造      8戸   7    87.5%
円山RC     12戸  12    100%

東区役所RCは満室。

琴似RCは満室。

福住RCは11月中旬から1部屋空室。
2月末で1部屋、3月末でも1部屋空き予定です。

ひばりRCは1月中旬から満室。

桑園RCは満室。

二十四軒木造は10月末から1部屋空室。

発寒RCは12月末で1部屋退去しましたが、
1月末で満室。
2月末にも1部屋退去予定。

新道東鉄骨は満室。

福住木造は1部屋空室。

円山RCは満室。

1月の稼働率は 131.5/136=96.7%
2017年の年間稼働率は 131.5/136=96.7%

大通の新築は39/45部屋です。
元金据え置き期間が1月で終わりなので、
2月から稼働率へ加えます。

3月完成の新築は4/23部屋です。
posted by ミット at 08:39| Comment(0) | 不動産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする